自己評価試験に関する説明書

 

 

 

1.      評価試験は新しく入学する生徒が次のどのレベルのクラスに入るのが適切であるかを知るために行われるものです。クラス(レベル):A2,  B1.1,  B1.2,  B2,  C1.

 

2.      スペイン語の知識がわずか、もしくは ほとんどない生徒はこの試験をする必要はありません。この場合は A1のレベルになります。

 

 

3.      自己評価の採点を行う際には、それぞれの試験の最後にある解答表 (hoja de respuestas) を利用してください。

 

4.      試験を行うにあたっては選択したレベル(試験)のなかのすべての問題をできるだけ短い時間内にて行うことをお勧めします。

 

5.        試験結果の評価について:次の表は 試験の結果がどのレベルに該当するかを示すものです。

 

 

試験(Test 1

 

 

必要正解数: 24問以上

 

レベル A2

(Básico 初級 II)

 

試験(Test 2

 

必要正解数: 24問以上

 

 レベル B1.1

(  Intermedio 中級I)

 

試験(Test 3

 

必要正解数: 24問以上

 

レベル B.1.2

(Intermedio 中級 II)

 

試験(Test 4

 

 

必要正解数: 24問以上

レベル B2

(Avanzado 上級 I)

 

試験(Test 5

必要正解数: 24問以上

 

レベル C1

(Aptitud上級 II)

 

6.      採点の結果、正解数が満点、もしくはほぼ満点に近い場合は次のレベルの試験を行ってください。さらに正解数が多い場合にはさらに次のレベルも行えます。

 

7.      9月に行われる試験のレベルは、この試験の結果によるレベルによって行われます。

     8.   当学校のスペイン語学科では、授業開始後2週間以内に入学したクラス(レベル)がその生徒に適していないとみなされる場合には、適当とみなされるクラス(レベル)に変更する場合があります。ただし、変更先のクラスに在籍数の余裕がある場合に限ります。自己評価試験を行われる際には、虚偽なく正しい方法にて試験および評価をしていただけますようお願いします。